第2回目の動画セミナーを始めて
行きます。

今回は
『フィットネスの年齢構成比・
類似業種と指数推移』
について説明しています。

高齢化社会と言われる中で、
フィットネス業界の年齢層は
過去10年間で、どう変化して いったのか 、
顧客にどんな課題があり、
何を求めているのかを知る必要があります。

フィットネス=ボディメイクという
イメージを持たれている方も多い中で、
予防介護、不定愁訴解消という
より強い不安をもつ層が増えています。

また、フィットネス産業は元々、娯楽産業と
されていましたが、今現在では健康産業と
位置づけられています。

フィットネス産業と類似業種である
スポーツ施設提供業
(テニス・フットサル・ゴルフ施設等)
医療、元々の娯楽産業と比較すると

フィットネス産業は今、 どの業種に近い
のかが、グラフによって分かります。

それによって、テーマを決める際も
イメージしやすくなります。

年齢によって、や身体のどんな悩みに
応えるかでも、目指すお店作りが
大きく変わります。

★★★★★★★★★★★★★★
セミナー動画 2分49秒
⇓⇓⇓⇓
※メルマガに記載されているパスワードを入力してください。