【経営者・企業幹部向け】
新規参入企業のためのシニアフィットネス出店成功法

30年以上前から、温浴施設、不動産、商社、医療、介護、建築など様々なバックボーンを持った企業のフィットネス事業の運営と立ち上げを大小含めて200以上 手掛けてきた菊賀による、成功するための、ターゲット層、年齢層、施設規模、構成するプログラムや施設設備、価格帯など、データ、エビデンスに基づいて説明する。

【講師】
(株)プロフィットジャパン代表取締役、
(公財)日本健康スポーツ連盟研究員、
東京医科大学 公衆衛生学分野 所属、
元国立茨城大学教育学部講師 
菊賀 信雅 氏

1983年筑波大学体育専門学群卒業。
セントラルスポーツ株式会社入社。
フィットネス事業の創設スタッフとして 100クラブ以上の開設に携わり、
主に指導プログラムの開発・研究を行う。1992年株式会社プロフィットジャパンを設立。
コンビニフィットネスの事業を推進する一方、人材育成と健康づくりの
システム開発・カウンセリングなどにも携わる。
2017年Evidence Based Fitnessを進めるためのPJフィットネス研究所を設立。
健康運動指導士、ヘルスケアトレーナ ー、スポーツプログラマー。
主な著書に『やわらかい体はふとらない<私でもできちゃうコンビニフィットネスブック>』(現代書林刊)、
『最新フィットネスクラブの開発・運営 実務資料集2016』(総合ユニコム刊)
「フィットネスクラブ利用経験と余暇活動に求めるベネフィットに対する意識の関連:
日本人成人を対象にした横断研究〔原著論文〕(日本スポーツ産業学研究2017)」がある。